クレジットカード現金化で一括請求されるとは?

クレジットカード現金化は違法行為ではないのですが、カード会社にとっては望ましくない利用方法とされています。
カードの契約書が手元にありましたら、是非内容を確認してみてください。
『会員はショッピング枠を使って、現金目的のために商品やサービスを購入してならない』との文面があるはずです。
そして、この利用規約に反しますと、カード会社が契約を強制的に解除することができます。
クレジットカード現金化がたとえ違法でなくとも、カード会社に定めたルールを守らなければ、両者の信用(クレジット)によって成立している契約が無効になるのです。

もし強制解約されますと、その時点で残金を一括請求されることとなります。
分割払いの分もリボ払いの分も、全て一括請求されますのでご注意ください。
返済はカード会社の指定する期日に払わなければならないのはもちろんで、もし返済が遅れると裁判所を通して強制的に債務整理が行われます。
任意整理の形で返済プランの見直しをしてもらえるならばラッキーですが、資産価値のある財産を差し押さえられて強制的に売却処分されるケースもあります。

なお、強制解約という情報が個人信用情報期間に登録され、5年以上はいわゆるブラックリストの状態になってしまうことも知っておいてください。
もちろんブラックリストの間は、新規のローンやクレジットカードの利用は出来なくなるでしょう。
中にはブラックでもOKの消費者金融がありますが、以前のようにはお金の都合がつかなくなると思っておいてください。

かなり物騒な話になりましたが、もしクレジットカード現金化の事実が発覚し、カード会社から一括請求されましたら、なるべく速やかに返済するようにしましょう。
債務整理の手続きに入る前に解決することが鍵となります。
もちろん、その後の借金は難しくなるのですが、財産の差し押さえといった事態にならないようにする方が良いでしょう。

さらに言いますと、頻繁にクレジットカード現金化を利用しないことです。
一般的ではありますが、現在のキャッシュバック式の現金化サイトをチョット利用したぐらいでは、いきなり強制解約の話までは行きにくいとされています。
カード会社としても確かな証拠を得るために、複数の利用を抑える必要があります。
ですから、頻度の低いカードユーザーは要注意で監視されるレベルとなります。

また、ルール違反となる行為ですので、絶対にやってはいけないという意見もありますが、今の社会ではお金がなくては生活が立ちいかないことが多すぎます。
この一時、数万円の現金があれば解決することもありますので、そんな場合に限ってみてはいかがでしょうか?