クレジットカード現金化を行う悪質業者の手口とは

クレジットカード現金化の問題点としてよく指摘されるのが悪質業者の存在です。

クレジットカード現金化を必要としている方の多くはお金に困っている人、そんな弱みにつけこんで利益を得てやろうと考えている業者も少なくないのです。

クレジットカード現金化は、まず業者が利用者に対して特定の商品を購入させる形をとっています。

クレジットカードのショッピング枠を利用して決済させたうえで、その商品を買い取ることで現金を手渡すのです。

ですからクレジットカード現金化でできるだけ多くの現金を必要としている人ほど、その業者と高い商品の取引を行う形となります。

そのため悪質業者の中には高い商品を買わせて高額の決済を行わせておきながら現金化をしないところもあります。

あれこれ理由をつけて買い取りを拒否するだけでなく、決済して購入が成立した途端に消息不明になってしまうといったケースも見られるのです。

問題なのは、カード会社はクレジットカード現金化を認めていないことです。

そのため利用者がこうした被害にあってカード会社に悪質業者の被害を申し出た場合には、逆にカードの利用停止を食らってしまうなどの問題が出てしまう恐れがあります。

そのため利用者は泣き寝入りをしてしまうことが多いのです。

この点はグレーゾーンといわれるクレジットカード現金化の厄介な部分でしょう。

では被害にあわないためにはどうしたらよいのでしょうか。

それは利用しない事です。

クレジットカードの現金化でも専門業者を使わないでできる方法があります。

それはamazonギフト券買取は現金化するより換金率が高いからおすすめです。

興味があればご一読ください。