クレジットカード現金化には闇金融のような恐ろしい取り立てはない

闇金融の怖さは報道などにより広く知られるようになりましたが、依然としてその存在がなくなることはありません。

違法な存在と知られるようになっても、なお多くの闇金業者が営業を続ける理由はひとえに需要があるからです。

お金が必要でも通常の方法では工面できない人たちが、違法を承知で法外な利息を支払ってでも闇金融からお金を借りたいと考えています。

クレジットカード現金化について、新たな闇金融の手口として表現されることがあります。

業者は利息ではなく手数料で儲ける点が違いますが、その手数料の設定は業者の自由であるため、結果的に法外な利息で融資を行っているのと変わらないように見えるからです。

実際、出資法違反により逮捕されたクレジットカード現金化業者もいました。

このように聞くと、クレジットカード現金化を利用するのは非常にリスクの高い行為のように捉える人が多いですが、クレジットカード現金化には闇金融ほど高い危険性はないと言えるでしょう。

闇金業者は借用証書の代わりに現金を法外な利息で貸し付けて、返済できない相手には手段を問わずに取り立てを行います。

一方、クレジットカード現金化はカード決済で商品を購入する代わりにキャッシュバックとして現金を返金するというものです。

したがって、業者によっては法外な手数料を要求されるリスクはあるものの、闇金融のように取り立ての恐怖に怯えるというような危険はありません。